いつもインターネットでチェックしているショップにこんなお知らせが出ていたので、参加してみることにした。以前、静岡多肉植物愛好会にも参加している園主のNさんから誘いを受けていたのだが、試験勉強のために参加できなかったのだ。

 出発の準備を済ませ、10時半に会場入り。既にけっこうな人数が来ており、もらった番号札は40番だった。もちろん1番はNさんである。名簿に記名し、会費の1000円を支払った。さっそく会場内のユーフォルビアをチェックする。まず目に留まったのはデカリーのバリエーション。こいつは7月24日に千葉県のグランカクタスに行った時、偶然にも東京カクタスクラブの例会に遭遇したので、急遽参加した競りに出てきたけど競り負けたものと同じ種だった。Nさんに値段を訊くと、「う〜ん、こいつは5000円で買ったんだよなぁ。まあ、6000円でいいや。」とのことなので即買い。以前競り負けたものよりは作りの良さでは劣るが、その時は1万円で競り負けたのだから良しとしよう。ちなみに帰宅後に鉢の足に1万円の値札が付いていた。もちろん気付かなかったからNさんに値段を訊いたのだが、この値札を見ていたらそのまま諦めていただろう。ラッキー♪E.milli(花キリン)各タイプ・E.cv.’AZARASHI’(海豹)・E.viguieri(噴火竜)・E.cv.’GABIZAN’(峨眉山)・E.cylindrifolia(筒葉ちび花キリン)・E.ecklonii(鬼笑い)・E.bupleurfolia(鉄甲丸)・E.gottlebei(ゴットレベイ)・E.horrida var.(ホリダ錦)・E.decaryi(デカリー)各タイプ・E.globosa(王鱗宝)・E.coerulescens(大鳳角)ぐらい。

 ユーフォルビア仲間に気になるものをメールで訊きつつ、競りの開始まで時間があるので用意してくれてあるおにぎりなどで早めの昼食をとる。静岡多肉植物愛好会の常連さんたちもけっこう来ていた。多肉談義をしながら食べ物を食べたり、植物を見たりして競りの開始を待つ。競りのお目当ては、ホリダ錦(自分用)・塊根の花キリン(自分用&頼まれ物)・鬼笑い(頼まれ物)である。競り荷の半分ぐらいをハオルシア・玉扇・万象が占め、残りはサボテンやエケベリアなどのその他多肉っちが占めるという感じだ。


会場の様子1


会場の様子2


会場の様子3


会場の様子4


会場の様子5


会場の様子6


会場の様子7


会場の様子8


会場の様子H


会場の様子I


会場の様子11


会場の様子12


大鳳角


非売品のE.aureoviridiflora


ゴッドレベイ(左端)と噴火竜(右奥)


海豹


王鱗宝


デカリーの各タイプ@


デカリーの各タイプA


デカリー?

 予定通り12時に競りが始まった。この時点で集まったのは50人ほど。今日は業者さんの2代目・3代目に声をかけたとのことで、若い業者さんたちも来ており、千葉県のグランカクタスからはSさんの息子さんが来ていた。で、競りが始まると最前列に陣取った業者さんたちから景気の良い値がつけられていった。良いモノなのだろうが、ハオルシア・玉扇・万象が出るとすぐに2万円とか3万円になってしまう。すごいね、こりゃ。お目当てのユーフォルビアの中で最初に出てきたのは鬼笑い。事前に4500円までと決めていたのだが、予想外の7000円にまで競り上がったのでギブアップ。これは高過ぎでしょ。次に出てきたホリダ錦も自分で6000円までと思っていたが、7000円まで上がったのでギブアップ。休憩を挟み、ようやく出てきた塊根の花キリン。駄菓子菓子!なんと5株セットのまとめ売り。最低2株あればと思っていたが、そんなにあってもなぁ〜。2000円スタートで誰も声をあげず、2500円で落とすことが出来たので安上がりだったけど、こんなにいらね〜w


競りの様子@


競りの様子A

 そんなこんなで競りはまだ続いていたが、冬は陽が落ちるのが早いので早退させてもらうことにした。あとはもう興味がなくなってしまったハオルシアとかしかないしね。競り落とした株はその度ごとに現金清算なので、問題はない。参加人数をチェックしている人に早退を申し出て、競り落とした5株の花キリンを受け取る。その時に「儲かったな。」と声をかけられた。良い物を安く入手できたなという意味のようだ。さらにその時に声をかけられたので、静岡多肉植物愛好会の常連であるAさんが荷主だということもわかった。なんでも輸入種子の実生苗とのこと。

 そんなこんなで、下の写真が例会の戦果。写真右の5株が塊根の花キリン、左上がデカリーのバリエーション、左下が筒葉ちび花キリンだ。これらのうち、デカリーのバリエーションと塊根の花キリン2株以外は全て日本最南端のユーフォルビア仲間に嫁入りすることに。


富士多肉植物愛好会の例会での戦果

 会場を出ると15時を少し回っていた。そして、1時間もしないで無事に帰宅。予想以上に楽しい例会だったし、戦果もあって良かった。最後に例会の関係者の方々、特に食事をふるまってくれた女性陣に深謝。おもち、美味しかったです!






inserted by FC2 system